blog

もう秋ですね

 

 

この夏はお陰様で忙しく働かせていただきました。

気がつくと秋になっていたという感じです。

 

少し落ち着いて机に向かえるようになりましたので、

売却版ホームページのリニューアルなど考えています。

 

さて、写真は、9月2日に諏訪湖で行われた全国新作花火競技大会の写真です。

新しいカメラで臨んだ撮影ですが、花火の写真って難しいですね。

 

たくさん失敗した中のやっとうまく撮れた1枚です。

 

 

 

 

 

2017-09-26 | Posted in blogComments Closed 

 

手作りカレンダー

今日から8月。

小学生の姪っ子が毎月作ってくれる手作りカレンダー。

 

いつも1日に間に合わないのだけれど

今月は間に合いました。

 

このブログに載せていいいか

本人に訊いたら「著作権があるからな~。」

 

「ハンカチでも買ってあげるからどう?」

 

どうも本人は現金がいいらしいが・・・。\(-_-メ)

 

 

 

2017-08-01 | Posted in blogComments Closed 

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

梅雨が開けて、毎日暑い日が続きますね。

 

上野動物園のシロクマがあまりにも涼しそうだったので

写真をアップします。

 

羨ましいですね。

 

2017-07-21 | Posted in blogComments Closed 

 

人生をかけた大工の棟梁

先日仕事で姫路に行く機会があり、姫路城を観ることができました。

雨の降りそうなお天気でしたが、なんとか小雨ですみ、天空の白鷺こと、

世界遺産、姫路城の優美な姿をゆっくりと閉館時間がせまるまで

堪能させてもらいました。

 

初代、姫路城を築造するにあたって、「桜井源兵衛」という大工の棟梁が

その名誉ある建造をまかされ、大工として持てる限りのちからを発揮して

9年という歳月をかけて無事完成させ、彼の最高傑作と呼べる作品をつくり

あげたそうです。

完成した姫路城を見て、源兵衛はなんとなく違和感を感じでいましたが、

きっと気のせいだと自分にいいきかせていたそうです。

それは城がなんとなく傾いているような気がしたが誰にも言えずにいました。

 

ある日、妻に完成した姫路城を見せたところ、

少し傾いているわねと指摘されてしまった。

自分が人生をかけて作り上げた最高傑作を素人の女性の目から

見てもわかるくらい傾いているという現実。

ショックのあまり、源兵衛は、大工道具のノミをくわえて

天守閣から飛び降りてしまった。

 

という史実を事前にネットで調べてありましたので

同行した妻に教えてあげると、

「あ、そういえばちょっと傾いているわね。」

「・・・・・( ̄△ ̄#)」

 

源兵衛さんもこんなふうに言われたのかな。

ショックだったろうな・・・。

 

後世の調査で、城の自重により地盤が少し傾いたためで

けっして棟梁の腕がわるかったわけではなく、

その傾きも先の大改修時に補正されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

2017-06-04 | Posted in blogComments Closed 

 

太鼓門

国宝松本城へお花見に出かけました。o(^^o)

桜も見頃を少し過ぎ、肌寒いあいにくのお天気。

小雨が降りだしたので外堀から松本城公園へ入る
太鼓門でしばし雨宿り。
 

太鼓門は明治初年に破却されましたが、
平成11年に復元。

梁には樹齢140年の赤松が使われているそうです。
松は強度があって粘り強く、密度が高いので
上からの荷重を支えるのに適しています。

それにしても太くて立派ですね。

削りあとも美しく、桜のかわりにうっとり眺めて過ごしました。

 

 

2017-04-19 | Posted in blogComments Closed 

 

宅建業免許更新

 

宅建業免許の更新申請書を長野地方事務所へ提出してきました。

 

以前は3年に1回更新する必要がありましたが、

事務負担の軽減が図られ、今は5年に1回の更新です。

 

5年に1回になったのはありがたいのですが、

さて、5年前にどうやって申請書作成したっけ?

 
5年も経つとすっかり忘れています。

たしか添付書類がたくさんあったはずですが・・・。
 

「そうだ!」

また5年後に困らないように、「マニュアル」を作ろう。

 

今回は申請書を作成しながら「マニュアル」もバッチリ作成!

マイクロソフトのデジタルノート、OneNoteに保存。

 

これで5年後は困らないはず・・・。

ですが、マニュアルを作ったことと

どこに保存してあるか忘れないようにしないといけませんね。\(-_-メ)

 

2017-03-27 | Posted in blogComments Closed 

 

10万アクセス!

 

もうすぐ新入学の春ですね。

ホームページの「通学区で探す」のバナーを

春バージョンに模様替えしていたら・・・

 

アクセスカウンターが10万を超えているのを発見!

 

新しい不動産のシステムを導入してから5年、

ホームページを新しくしてから、3年半が経ちます。

当初はなかなか検索エンジンにも表示されず、苦労したことが

思い起こされます。

 

ホームページ・ビルダーでコツコツ作っているので

手作り感満載ですが

ほんとうに多くの皆様にご覧いただけるようになったのだ

と感慨ひとしおです(;_;)

 

日々の業務に忙殺され思うようには更新できませんが

これからも末永くよろしくお願いいたします。

 

 

2017-03-11 | Posted in blogComments Closed 

 

マンション管理士法定講習

マンション管理士の法定講習に行ってきました。

 

5年に一回、資格者に義務付けられており、午前9時から午後5時10分まで

一日の講習。今回は日建学院、大宮校で受講させて頂きました。

 

平成14年のマンション管理士創設の年に合格したので、

更新はもう3回目になります。

 

15年前と比べて、マンションを取り巻く環境も大きく変化しています。

 

老朽化したマンションの大規模修繕、建て替えの問題。

東日本大震災、熊本地震の経験をふまえ、将来予想される
南海トラフ地震、首都直下型地震への備え。耐震性の不足への対処。

新たな住生活基本計画により、耐久性、省エネルギー性能の向上
による安全で質の高い住宅ストックへの更新。

マンション居住者の高年齢化による、管理組合の役員のなり手不足。

外国人が区分所有者のマンション、民泊化したマンションの問題、

等々、枚挙にいとまがありません。

 

また、国民全体も一昔まえの国民とは大きく変化しているそうです。

 

「常識」が大きく変化しており、「常識」が行動の基準としての

機能を喪失しつつあり、自分の常識を強調する者が増加している。

マンション内でも権利のみを主張し、義務、責任を無視する。

「常識」という共通の基盤に立った会話が成立しづらくなっており、

一昔まえのクレーマーどころではなく、より執拗で、威嚇的で、暴力的な

「モンスタークレーマー」が出現しているようです。

 

マンション紛争と訴訟対策の講義など以前はなかったような気がしますが

やはりトラブルが増えているのですね。

 

マンションの価値とはイコール「管理」である。と言います。

 

マンションのコミュニティ活動を活発化させること。

(日頃から居住者間のコミュニケーションがとれ、防犯、防災にも有効だと言われます。)

また弁護士、マンション管理士など専門家による助言、支援、管理も重要とのことです。

 

※マンション管理士とは、分譲マンションの管理・運営という分野の専門家として、
分譲マンションの管理組合の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを
業務とする「国家資格者」です。

2017-01-27 | Posted in blogComments Closed 

 

一意専心

良いお天気なのでスキーに出かけた?
のではありません。

新年そうそう物件情報収集、お客様のご案内にと
毎日駆け回っております。

良い物件のご紹介が出来ますように、
また、良いご縁を結べますよう、
一意専心、務めさせいただきます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2017-01-12 | Posted in blogComments Closed 

 

よいお年を!!!

 

 
姪っ子たちがおじちゃんのためにと、毎月描いてくれるカレンダー。

新年、1月のカレンダーが届きました。

 
新年だけに派手だな~(^-^ )

 
振り返ればいろいろな事があった一年でしたが

素敵な優しい皆様に支えられてなんとか無事過ごすことが出来ました。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

 
皆様、よいお年をお迎え下さい。

2016-12-30 | Posted in blogComments Closed 

 

疾風迅雷 | AC長野パルセイロ

yonmoji

 

宅建協会長野支部はAC長野パルセイロを

サポートスポンサーとして応援しています。

 

(私の所属する広報啓発委員会は担当委員会です。)

 

明治安田生命の応援四文字プロジェクトで

「疾風迅雷」という四文字をサポーターとしての

熱い応援メッセージとして

AC長野パルセイロに送らせて頂くことにしました。

 

J2目指して頑張れ!

AC長野パルセイロ!

 

 

 

 

 

2016-10-29 | Posted in blogComments Closed 

 

秋桜(コスモス)

秋の長雨ではっきりしないお天気が続いていましたが、

久々に晴れたので、黒姫高原のコスモス畑を見に行きました。o(^^o)

 

少し遅いかなと思ったら案の定、 『花の盛り』 は過ぎているみたい。

 

パノラマリフトで標高1,030mまで昇り

斑尾山や野尻湖の眺望を楽しんだあと、

リフトで降りることも出来るのですが・・・・

折角だからコスモスを見ながらゆっくり降りようと

徒歩で降りたら、思いのほか坂がキツくて足がガクガク。

 

『自分の盛り』 はとっくに過ぎているのを自覚してるが、

こんなに筋力が衰えているとは_| ̄|○

 

思わぬところで運動不足実感。

明日からさぼっていた筋トレ始めよう・・・。

 

 

2016-10-03 | Posted in blogComments Closed 

 

高崎競馬場跡

8/25 中古住宅取引における「瑕疵保険」の活用法について

群馬県の高崎で講習会が開催されたので参加して来ました。

(アットホームさん主催)

 

開始時間まで余裕があったので、街歩き。

高崎駅から15分位歩きましたでしょうか。

 

なが~い塀で囲まれたところがあり、「高崎競馬場跡・本日開放中」

と書いてありましたので、入って見ることにしました。

 

無料開放だし、

平日ですが、お昼の時間なので、サラリーマンやファミリーがお弁当でも広げているかな?

と思ったら誰もいない。

そりゃ予想最高気温36度だし日陰もないしね・・・。

 

只々、競馬場跡の広い空間が広がるばかり。

 

ダートコースは整地されコンクリになり、駐車場利用のため?

メインスタンドは、後利用のため壊し始めてるのかな?

 

地方競馬で、昔は大勢の人が熱狂し賑わっていたであろうことが想像出来ます。

かつて数多くのドラマがあり、人生があり、思い出がある場所なんでしょうね。

 

夏の終わりだからでしょうか。

広大な場所にひとり佇み

時の流れ、一抹の寂しさ、切なさを感じた時間でした。

 

 

2016-08-25 | Posted in blogComments Closed 

 

建物アドバイザー

 

先日、建物アドバイザーの講習、資格取得のため、東京に行ってきました。

3日間もお休み頂きすみませんでした。m(_ _)m

 

「建物アドバイザー」は、建物の知識を習得し、

「顧客に建物に関するアドバイスが出来るようになりたい。

実際に建物点検(インスペクション)が出来るようになりたい。」と

考えている方向けの研修で、

研修終了後の試験に合格するとNPO住宅情報ネットワークから

資格が認定されるというものです。

 

座学での研修2日間と、

3日目は、三級建物アドバイザーの試験。

実際の現場で検査器具(打診棒、クラックスケール、レーザーレベルなど)を使った実技研修

で二級建物アドバイザーの試験。

 

帰ってきてから現場での住宅検査を報告書にまとめ提出することによる

一級建物アドバイザーの認定試験。

とギュッと内容の詰まった濃い研修と試験でした。

 

長年、不動産業に携わっていますが、

不動産屋さんは、建物に関する知識が若干弱いところがあります。

住宅メーカーや工務店に勤務の経験のある不動産屋さんはまだしも、

不動産業一筋で勤務していると、建物の知識習得のために本格的に勉強する機会が

ほとんどありません。

 

今回、知識レベルの向上とともに、

実際の現場で、レーザーレベルを使って床や壁の傾きを計測したり、

打診棒で基礎や外壁の剥離を調べたり、床下や屋根裏を覗いたりして、

建物をどのような視点で点検したらいいか、コツを教えてもらった

ことがとても勉強になりました。

 

ところで、「既存住宅売買瑕疵保険」は、

中古住宅の引き渡し後に、構造の問題や、雨漏りなどが起こった際に、

その部分の補修費用を保険金で対応することができる保険です。

「既存住宅瑕疵保険に加入出来る状態である。」と、建物の構造や劣化や品質の

安心を伝えられれば、安心して中古住宅を売買することが出来ますよね。

 

「建物アドバイザー」はこの「既存住宅売買瑕疵保険」に加入出来る住宅かどうか

のアドバイスをすることが出来ます。

 

建物アドバイザーの認定証、早くこないかな。(^-^ )

 

2016-06-19 | Posted in blogComments Closed 

 

100円

 
東京スカイツリーの展望デッキに昇りましたo(^^o)
 

東京ソラマチにゆくのはこれで4回目ですが、
開業まもなくだったり、ゴールデンウイークで混雑が半端無く、
今まで昇ったことがありませんでした。

 
夜景の写真を撮りながら第二展望デッキに向かう展望回廊を歩いて
いると・・・
 

「お客さま!」

と声を掛けられたので振り返ると、
受付の制服を着たお嬢さんが、息を切らして必死感、溢れる表情で
立っています。

 

「恐れ入りますが、レシートを見せて下さい。」

「え?」

・・・ああ、何かやっちゃたのかな?

 

恐る恐るレシートを見せると・・

「私、チケットをお売りした者ですが、

お釣りを100円少なく渡してしまいました。」

 

長蛇の列のチケット販売窓口業務は相当な忙しさが想像出来ます。

誰かに交代してもらって、高速エレベーターで

わざわざ展望台まで昇ってきて、しかも

この大勢の人の中で良く私をつかまえたもんだと

感心するやら、恐縮するやら・・・。

 

しかもたった100円のために・・・。

 

思わず抱きしめてあげたくなったけれど

今度は違う意味でつかまってしまうので

それはもちろん控えましたが・・・。(^~^;)

 

帰ってきたこの100円玉はお守りにして大事にとっておきますね。

 

2016-03-28 | Posted in blogComments Closed 

 

ひちぎり

hitigiri
 

駅ビルの珈琲専門店で、サイフォンコーヒーとひちぎりを頂きました。o(^^o)

 

ひちぎりは、京都でひな祭りに食べる和菓子で

貝殻の形の平たい餅に、餡玉またはきんとんを載せた上品なお菓子。

 

公家社会やその周辺、そして京洛の茶人が、

宮中や有職故実へのあこがれを込めて、大切に頂いていたそうです。

 

コーヒーにも合いそうなので注文することに・・・。

メニューを見ながら・・この 『ひきちぎり』 もお願いします。

あ!・・『ひちぎり』ですね。言ってからあわてて訂正 (^_^;)

 

「もともとの語源は『ひきちぎり』だそうですよ。

ご存知なのかと思いました。」と店員さん、すかさずフォロー。

 

餅のはしを引っ張ってちぎりとった形に作るので

ひきちぎりからきているそうです。

 

週末の混み合う店内にかかわらず、

電話で席を外し、戻ってくるタイミングに

合わせて冷めないようにコーヒーを持ってきてくれるなど

最近の店員さんの心遣いは大したものですね。

 

ごちそうさまでした。

・・仕事に戻ります。

 

 

 

2016-03-15 | Posted in blogComments Closed 

 

店内の様子|全天球画像

店内の様子 – Spherical Image – RICOH THETA

2016-02-14 | Posted in blogComments Closed 

 

LED照明

led

 

私の住んでいるマンションでも、

既存の照明をすべてLED照明に変更することになりました。

 

開放廊下、エレベーターホール、階段室等のすべての共用部分の照明をLEDにするようです。

 

改良工事費が、450万円かかるそうですが、

電気使用料が現状と比べて60%削減できるため、6~7年で元がとれる。

 

さらに照明の平均寿命が40,000時間と、既存の照明の3倍以上に

なるとのことです。

 

白熱電球は、2012年までに製造中止が決まっており、

そろそろ身の回りの使用電球の見直し時期が来ているともいえそうですね。

 

 

2016-01-22 | Posted in blogComments Closed 

 

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

真田氏は、少数の軍で徳川の大軍と戦った時に示した「勇気」と「智恵」と
戦略に優れた武将として広く知られています。
そして、真田の家名存続をかけ、一族が徳川方と豊臣方の敵味方に分かれて
までも乱世に生き残りをかけた、しぶとさ、ねばり強さは、さまざまな困難
に直面したときに見習うべきところがあります。
(真田神社お守りの説明書抜粋)

上田城内の真田神社に参拝し、今年一年、真田氏にあやかり
「勇気」と「智恵」と戦略をもって、
しぶとく、ねばり強く生き抜けるよう新年の決意をいたしました。

不落城信州上田城にて

2016-01-05 | Posted in blogComments Closed 

 

ひとりの商人、無数の使命

 

ランチのあと、通りがかった伊藤忠青山アートスクエアで、
女流書家の金澤翔子さんの作品を集めた企画展が
開催されていました。

(写真撮影可というので撮影させて頂きました。)

金澤翔子さんはダウン症という障害を抱えながらも、
澄み切った心から紡がれる力強い書には温かみがあり、
観るものを魅了します。

「ひとりの商人、無数の使命」

伊藤忠商事のコーポレートメッセージを書にしたものです。

ひとりの商人には、数限りない使命がある。
目の前の喜びから、100年後の希望まで。

また近江商人の哲学として

「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」
自分の利益だけではなく、関わるすべての人にとって善いこと、
それが商いにとって大切だという意味です。

これは今、私達の取り組んでいる仕事にも通じるものだと思い
心に響きました。

この書は、日頃、伊藤忠商事の社長応接室に
掲出しているそうです。

 

 

2015-11-28 | Posted in blogComments Closed