アパートの問い合わせ

4年前の大学入学時にアパート探しの手伝いをしてあげた、甥っ子も今年卒業。
就職が決まって、今度は首都圏の勤務地近くのアパートを探すことになりました。

ネットで調べてあげると、条件に合いそうなアパート物件は、予算が限られているので
ひとつしかない。

まだ入居中なので内覧はできませんが、空き室時の写真が出ているので様子が
わかります。

良い条件のものは、すぐに申し込みが入ってしまうので
申し込むしかありません。

よく見ると、同じアパートの同じ部屋と思われる物件情報が不動産会社3社で
掲載されています。

ただ、入居可能日が、2月中旬、2月下旬、3月某日と記載が違います。
また、エレベーター、オートロック付などとても古い2階建アパートには
付いていないような設備が記載された情報まであります!

結局、記載のしっかりしている会社に問い合わせすることにしました。

(あらためて物件情報の記載には気をつけないといけないと・・。
自分で探してみて再認識させられた次第です。)

さて、今回も、あくまで甥っ子のアパート探しのお手伝いで
不動産業として仲介に入るつもりはありません。

4年前の大学入学時のアパート探しの時には、会社の電話から問い合わせしたので、
電話番号で当社がわかったようで、相手の業者さんに気を使わせてしまいました。

とても良い業者さんで、甥っ子も飲みに連れいってもらったり、
4年間何かとお世話になったそうです。

今回は、携帯から普通に問い合わせさせていただいたのですが・・。

問い合わせ先の業者さんに

「不動産業者さんですよね。」と言われてしまいました。

ん?・・・どうしてわかるんでしょうか?

不思議ですね。

甥っ子いわく、「問い合わせの仕方でわかるんじゃない?」

仲介には入らない旨お伝えし、入居の件、宜しくお願いさせていただきました。

 

関連記事一覧

  1. 新幹線あさま新型車両
  2. 成蹊学園・欅
PAGE TOP